MANAGEMENT

トピックス

ベランダから見える景色

不労所得を目指して

アパート経営は入居者確保を失敗しなければ、有益な不労所得システムを構築できる可能性があります。失敗事例などをあらゆる方面で集め、十全な対策をたてつつ、始めましょう。ローンなどを活用すれば、余裕のある経営もできるかもしれません。

詳細を読む

赤色のマンション

マンションに賢く投資する

ローンでマンションを購入し、月々の家賃で返済していくシステムのマンション経営なら、自己資金なしでも始められて、生活設計に取り入れやすいという長所があります。しかし空室や家賃滞納などのリスクを知っておくことは大切です。

詳細を読む

古いマンション

まずは3戸を保有しよう

中古ワンルームマンション投資で失敗をしない方法は複数戸保有することです。これにより空室リスクを格段に下げることができます。まずは、物件を厳選したうえで3戸の中古ワンルームマンションを保有することを目指しましょう。

詳細を読む

豊かな老後を迎えるために

資産運用で利用するアパート経営の失敗を事例で知ることは大切です。実際に陥る問題を体験者が教えてくれますよ。

長生きするリスクの増大

マンション

知の巨人と呼ばれマネジメントを考案したドラッカーは、生前に投資の重要性を訴えていました。ドラッカーは長生きするリスクが増大していくことを、早い段階から見抜いていたのです。 現在の日本人の平均寿命は男女ともに80才を超えています。いつまでも働くことができれば収入が途絶えることはありませんが、健康を害すると働くことができなくなります。働けなくなった後も収入を生み出していくためには、投資を行うことが非常に重要です。若くして亡くなるリスクを軽減する効果のある生命保険に代わり、長生きするリスクを軽減する投資が非常に重要となっているのです。 そこで注目されているのが、アパート経営です。株式とは違い不動産は値動きが激しくありません。その上、定期的に家賃収入が入ってくる堅実な投資として支持を集めています。

立地と設備にこだわる

長生きするリスクを軽減させてくれるアパート経営ですが、投資が失敗してはリスクを増大させることになってしまいます。そのため、アパート経営に失敗しないために、慎重に知識を身につける必要があります。 アパート経営で最も多い失敗事例が、立地の悪いアパートを購入したことによるものです。都心回帰が進んでいる現在の日本では、立地が何よりアパート経営の成功に欠かせません。そのため、購入するアパートの立地には、何よりこだわることが重要です。最寄り駅までの距離や周辺の店舗などを、必ず調べるようにしましょう。 また、インターネットの普及やエコ意識の高まりとともに、生活様式が徐々に変わってきています。その生活様式に合った設備が揃っていることも、アパート経営が失敗しないためには非常に重要となってきます。

Copyright © 2015 アパート経営の失敗事例を踏まえた投資で、リスクを回避 all reserved.